二日酔い予防に。知っておきたいセロリに含まれる栄養の効果

 セロリは独特の香りが苦手な方が多く、子供の苦手な野菜のひとつでもあります。
 好きな人にとっては、その独特のさわやかな香りとシャキッとした食感が魅力となっています。好き嫌いがハッキリしている野菜とも言えますね。
 ても栄養はすごいんです。

fd400054.jpg


 ●歴史

 原産地は欧州で、紀元前5世紀初期の古代ギリシア・ローマ時代では薬用や防臭剤用に栽培されていました。17世紀にはヨーロッパ各地で野菜としての栽培が始まり、万能薬としても活用されています。
 日本では、本格的に野菜としての栽培が始まったのは明治時代のことで、普通に使われるようになったのは、最近のことと言えます。

 ●効果

 ・むくみの予防や血圧の安定に効果あり
 カリウムは体内の余分な塩分を排出する働きと、塩分代謝を調整する働きを持っているので、むくみの予防や血圧の安定が期待出来ます。

 ・頭痛に効果あり
 独特な香り成分の中にあるジヒドロフタライド類などには鎮痛作用や、イライラを鎮める働きや頭痛などを抑える働きがあります。

 ・生活習慣病やがんの予防に効果あり
 緑色が濃い葉の部分には、βカロテンが豊富に含まれています。抗酸化作用が高く、生活習慣病やがん予防が期待出来ます。

 ・二日酔い予防に効果あり
 茎には、食物繊維やメチオニンが葉の部分より多く含まれています。食物繊維は血糖値やコレステロール値を改善し、メチオニンは肝臓の働きを活性化させるので、二日酔いの予防に期待出来ます。

 ・他にも
 セロリで豊富なのはカルシウム。イライラした時に気持ちを落ち着かせる作用があります。



 シャキシャキとした食感を楽しむのなら、サラダなどにして生で。
 セロリに含まれる豊富な旨みを楽しむのならば、スープや炒め物などで加熱していただきましょう。



この記事へのコメント

スポンサーリンク

最近の記事